名古屋市営地下鉄名港線 六番町駅

この駅使ってます(410人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

名古屋市営地下鉄名港線 六番町駅のGoogleストリートビュー


名称 六番町駅
路線 名古屋市営地下鉄名港線
住所 愛知県名古屋市 熱田区四番一丁目11

名古屋市営地下鉄名港線 六番町駅の紹介

六番町駅(ろくばんちょうえき)は、愛知県名古屋市熱田区四番1丁目にある、名古屋市営地下鉄名港線の駅である。駅番号はE03。 1971年(昭和46年)3月29日 : 名古屋市営地下鉄2号線名城線の駅として開業する。 2004年(平成16年)10月6日 : 4号線の名古屋大学 - 新瑞橋間開業に伴う路線名の改称により、名港線の駅となる。 2011年(平成23年)3月 : 駅の運営を日本通運名古屋支店に委託。 2013年(平成25年)4月1日 : 駅長室の金庫から1450万円が盗難被害に遭う。 2013年(平成25年)12月12日~13日 : 業者による機械室のアスベスト除去工事中、毒性の最も強いクロシドライトが710本/リットル飛散する事故が発生。 駅構造 相対式2面2線のホームをもつ地下駅である。当線の上を走る名古屋市道江川線が六番町交差点で少し折れ曲がっているため、それに合わせてホームはカーブの途上にある。2011年3月27日より、駅業務は日本通運に委託されている。 駅の開業と同時にバスターミナルが併設された。

詳細はwikipedia

名古屋市営地下鉄名港線 六番町駅の写真

loading

名古屋市営地下鉄名港線 六番町駅の口コミ

続きはこちら