名古屋市営地下鉄東山線 伏見駅

この駅使ってます(442人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

名古屋市営地下鉄東山線 伏見駅のGoogleストリートビュー


名称 伏見駅
路線 名古屋市営地下鉄東山線
住所 愛知県名古屋市 中区錦一丁目11
乗り換え

名古屋市営地下鉄東山線 伏見駅の紹介

伏見駅(ふしみえき)は、愛知県名古屋市中区錦2丁目にある、名古屋市営地下鉄の駅である。アクセントカラーは、青色。 東山線と鶴舞線が乗り入れる。東山線にはH09、鶴舞線にはT07の駅番号が付与されている。鶴舞線駅務区伏見管区駅が管轄する駅であり、庄内緑地公園駅から荒畑駅までの各駅(丸の内駅を除く)を管理している。 オフィス街に位置しており、文化芸術施設にも近い。また、鶴舞線と東山線の乗換が可能な唯一の駅であり、名古屋駅および栄駅につながる乗換駅としても機能している。 1957年(昭和32年)11月15日 - 東山線の伏見町駅として開業。 1966年(昭和41年)6月1日 - 伏見駅に改称。 1977年(昭和52年)3月18日 - 鶴舞線の駅が開業。乗換駅となる。 1981年(昭和56年)11月27日 - 浄心までの延伸に伴い、鶴舞線の駅も途中駅となる。 2007年(平成19年)11月15日 - 市営地下鉄50周年記念事業の一つとして従来19時までであった伏見地下街の開門時間を20:30までに延長。

詳細はwikipedia

名古屋市営地下鉄東山線 伏見駅の写真

loading

名古屋市営地下鉄東山線 伏見駅の口コミ

続きはこちら