JR東海道本線(浜松~岐阜) 名古屋駅

この駅使ってます(2584人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR東海道本線(浜松~岐阜) 名古屋駅のGoogleストリートビュー

JR東海道本線(浜松~岐阜) 名古屋駅の紹介

名古屋駅(なごやえき)は、愛知県名古屋市中村区名駅にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・名古屋臨海高速鉄道・名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)の駅である。 中部地方最大のターミナル駅であり、広域輸送の拠点となっている。JRは東海道新幹線の全列車が停車し、在来線は当駅を中心に各方面へ特急列車が発着している。市内各所を結ぶあおなみ線、名古屋市営地下鉄も乗り入れており、近接する名鉄名古屋駅、近鉄名古屋駅とあわせ、中部地方最大の鉄道ターミナルとして機能している。駅長・駅員配置駅(直営駅)であり、管理駅として、尾頭橋駅・枇杷島駅の2駅を管理している。 略称の「名駅(めいえき)」は当駅周辺の地名となっている。乗り換えや地下街との連絡の悪さなどから、この名称をもじって「迷駅(めいえき)」という呼び名が地元で定着している。 JR東海本社が入居する駅ビル「JRセントラルタワーズ」は都市再開発によって1999年に竣工し、2010年現在、 世界一売り場面積の広い駅ビルとしてギネス・ワールド・レコーズに申請されている。

詳細はwikipedia

JR東海道本線(浜松~岐阜) 名古屋駅の写真

loading

JR東海道本線(浜松~岐阜) 名古屋駅の口コミ

続きはこちら