JR東海道本線(浜松~岐阜) 熱田駅

この駅使ってます(675人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR東海道本線(浜松~岐阜) 熱田駅のGoogleストリートビュー


名称 熱田駅
路線 JR東海道本線(浜松~岐阜)
住所 愛知県名古屋市 熱田区三本松町25

JR東海道本線(浜松~岐阜) 熱田駅の紹介

熱田駅(あつたえき)は、愛知県名古屋市熱田区森後町2丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 1886年(明治19年)3月に開業した。東海道五十三次41番目の宿場である宮宿や熱田神宮があったことにより、熱田は古くから賑わった。熱田駅の設置された頃は、周辺が葦だらけの名古屋駅に比べれば、当駅は遥かに名古屋の玄関としてふさわしいものであった。しかし1913年に愛知電気鉄道(後の名古屋鉄道)の神宮前駅が近くに設置されると、列車本数が劣勢だったことなどから賑わいを奪われて、次第に寂れていくようになる。かつては当駅と名古屋駅との間に駅はなく、有料急行が運転されている時代は一部の急行列車が、それ以降は快速列車が停車していたが、隣の金山駅が1989年に総合駅として整備されると、その地位を譲った。ただし熱田神宮が最寄りに所在するため、正月三が日(曜日配列により直後の休日を含む)の快速系列車の臨時停車は、2015年現在も行われている。

詳細はwikipedia

JR東海道本線(浜松~岐阜) 熱田駅の写真

loading

JR東海道本線(浜松~岐阜) 熱田駅の口コミ

続きはこちら