JR東海道本線(浜松~岐阜) 笠寺駅

この駅使ってます(913人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR東海道本線(浜松~岐阜) 笠寺駅のGoogleストリートビュー


名称 笠寺駅
路線 JR東海道本線(浜松~岐阜)
住所 愛知県名古屋市 南区浜中町二丁目4

JR東海道本線(浜松~岐阜) 笠寺駅の紹介

笠寺駅(かさでらえき)は、愛知県名古屋市南区立脇町2丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・名古屋臨海鉄道の駅である。 JR東海・JR貨物の東海道本線と、名古屋臨海鉄道の貨物線である東港線が乗り入れる。旅客営業上は東海道本線単独駅の扱いを受ける。 第二次世界大戦中の1942年に、軍需工場への通勤輸送対応のため開設された。当駅の開業前は、名古屋鉄道豊橋線(現、名古屋本線)の本笠寺駅が「笠寺駅」を名乗っていた。 上記のとおり、名古屋市南部の工業地帯における貨物輸送の拠点駅となり、昭和40年 - 50年代には当駅から八田貨物駅(仮称、後に名古屋貨物ターミナル駅として開設)に至る南方貨物線が建設が始まる。しかし、国鉄末期の改革の一環で建設は凍結され、未成線となった。 現在では、南区役所・南警察署の最寄駅であり、工場も多いためビジネスマンの利用が多い。また、日本ガイシスポーツプラザ(名古屋市総合体育館)への観客・利用者輸送の中心駅であり、大物アーティストのコンサート等のイベント開催時には名古屋方面へ臨時列車の運転、快速電車の臨時停車などが行われる。

詳細はwikipedia

JR東海道本線(浜松~岐阜) 笠寺駅の写真

loading

JR東海道本線(浜松~岐阜) 笠寺駅の口コミ

続きはこちら