JR奥羽本線(新庄~青森) 神宮寺駅

この駅使ってます(509人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR奥羽本線(新庄~青森) 神宮寺駅のGoogleストリートビュー


名称 神宮寺駅
路線 JR奥羽本線(新庄~青森)
住所 秋田県大仙市神宮寺82

JR奥羽本線(新庄~青森) 神宮寺駅の紹介

神宮寺駅(じんぐうじえき)は、秋田県大仙市神宮寺字本郷野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。 1904年(明治37年)8月21日 - 官設鉄道(国鉄)の駅として仙北郡神宮寺町に開業。 1985年(昭和60年)3月14日 - 簡易委託化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。 2008年(平成20年) 5月20日 - 駅舎改築工事開始。 7月20日 - 新駅舎完成。翌21日に記念式典を開催。 駅構造 島式ホーム1面2線を持つ地上駅。指定券の取り扱いも行う。営業時間外は乗車証明書発行機から乗車証明書を取って車内精算する形となる。1番線側の線路は標準軌と狭軌が一緒の三線軌条方式となっている。角館側(駅舎から見て一番奥)が、秋田新幹線の通過線である。秋田新幹線の通過線の奥には本線とはつながっていない架線の張ってある線路があり、訓練等に使われる。 2008年に駅舎改築を行い、新駅舎は大仙市の施設とJR東日本の施設の合築駅舎となった。

詳細はwikipedia

JR奥羽本線(新庄~青森) 神宮寺駅の写真

loading

JR奥羽本線(新庄~青森) 神宮寺駅の口コミ

続きはこちら