JR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン) 鹿角花輪駅

この駅使ってます(304人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン) 鹿角花輪駅のGoogleストリートビュー


名称 鹿角花輪駅
路線 JR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン)
住所 秋田県鹿角市花輪字下中島143

JR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン) 鹿角花輪駅の紹介

鹿角花輪駅(かづのはなわえき)は、秋田県鹿角市花輪字下中島にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。 鹿角市の代表駅である。「花輪線の線名の由来となった駅」として、東北の駅百選に選定された。 1923年(大正12年)11月10日 - 秋田鉄道の陸中花輪駅(りくちゅうはなわえき)として鹿角郡花輪町に開業。 1931年(昭和6年)10月17日 - 花輪線が陸中花輪に到達する。 1934年(昭和9年)6月1日 - 秋田鉄道が鉄道省(国鉄)に移管され、大館駅方面も花輪線になる。 1956年(昭和31年)3月15日 - 駅構内に盛岡客貨車区陸中花輪派出所を設置。 1970年(昭和45年)10月20日 - 盛岡客貨車区陸中花輪派出所を廃止。 1975年(昭和50年)1月11日 - みどりの窓口設置。 1984年(昭和59年)2月1日 - 貨物取扱廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道の駅となる。 1995年(平成7年)12月1日 - 鹿角花輪駅に改称する。

詳細はwikipedia

JR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン) 鹿角花輪駅の写真

loading

JR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン) 鹿角花輪駅の口コミ

続きはこちら