JR武蔵野線 船橋法典駅

この駅使ってます(420人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR武蔵野線 船橋法典駅のGoogleストリートビュー


名称 船橋法典駅
路線 JR武蔵野線
住所 千葉県船橋市藤原一丁目1

JR武蔵野線 船橋法典駅の紹介

船橋法典駅(ふなばしほうてんえき)は、千葉県船橋市藤原一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線の駅である。 1978年(昭和53年)10月2日 - 国鉄の駅として開業。工事中の仮称は「北船橋駅」であった。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR東日本の駅となる。 1993年(平成5年)3月 - みどりの窓口営業開始。 2001年(平成13年)11月18日 - ICカードSuica供用開始。 2016年(平成28年)3月7日 - みどりの窓口営業終了。 駅構造 台地に位置するため、掘割の上にホームがある地上駅で、橋上駅舎を有している。なお、ホームの一部はトンネル(第1藤原トンネル、第2藤原トンネル)となっており、地下にある。島式ホーム1面2線を持つ。発着線の外側に通過線を敷設するスペースが最初から確保されている。 直営駅(新八柱駅の被管理駅)。指定席券売機、Suica対応自動改札機設置。 のりば 利用状況 2014年度の一日平均乗車人員は17,561人で、武蔵野線内26駅中17位である。

詳細はwikipedia

JR武蔵野線 船橋法典駅の写真

loading

JR武蔵野線 船橋法典駅の口コミ

続きはこちら