JR北陸本線(米原~富山) 王子保駅

この駅使ってます(668人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR北陸本線(米原~富山) 王子保駅のGoogleストリートビュー


名称 王子保駅
路線 JR北陸本線(米原~富山)
住所 福井県越前市四郎丸町55

JR北陸本線(米原~富山) 王子保駅の紹介

王子保駅(おうしおえき)は、福井県越前市四郎丸町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。 1927年(昭和2年)12月20日 - 国有鉄道北陸本線の鯖波駅(現 南条駅) - 武生駅間に開業する(一般駅)。 1971年(昭和46年)3月25日 - 貨物・荷物の取扱を廃止する(旅客駅となる)。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR西日本の駅となる。 2014年(平成26年)4月1日 - 完全な無人駅となる。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。分岐器や絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。昔ながらの木造モルタル造りの駅舎が上りホーム側にある。ホーム間は跨線橋で連絡している。 福井地域鉄道部管理の無人駅。かつてはマルス端末やPOS端末の設備を持たない簡易委託駅であり、窓口で常備券のみ発券していた。 冬場には建物や樹木にイルミネーションが施される。 のりば 案内上ののりば番号は設定されていない(ホーム上及び駅掲示時刻表にも記載はない)。

詳細はwikipedia

JR北陸本線(米原~富山) 王子保駅の写真

loading

JR北陸本線(米原~富山) 王子保駅の口コミ

続きはこちら