福岡市営地下鉄空港線 中洲川端駅

この駅使ってます(318人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

福岡市営地下鉄空港線 中洲川端駅のGoogleストリートビュー


名称 中洲川端駅
路線 福岡市営地下鉄空港線
住所 福岡県福岡市 博多区下川端町4
乗り換え

福岡市営地下鉄空港線 中洲川端駅の紹介

中洲川端駅(なかすかわばたえき)は、福岡県福岡市博多区上川端町に所在する福岡市地下鉄空港線・箱崎線の駅であり、また、箱崎線のターミナル駅でもある。空港線の駅番号はK09、箱崎線の駅番号はH01。 駅のシンボルマークは福岡市出身のグラフィックデザイナー、西島伊三雄がデザインしたもので「中」(洲)「川」(端)の2文字を法被模様にデザインしたものである。 1982年(昭和57年)4月20日 - 天神から呉服町までの延長と同時に開業。 1983年(昭和58年)3月22日 - 1号線(現空港線)が博多駅(仮駅)まで開業。 駅構造 明治通り直下に位置し、地下1階がコンコース、地下2階が箱崎線のホーム、地下3階が空港線のホームとなっている。 ホーム中央の2箇所に乗り換え用の階段が設置してあり、地下2階では3号車と5号車に、地下3階では2号車と4号車に接続している。 地下2階・3階共に天神方に引き上げ線があり、箱崎線内折り返し列車についてはこれを使って折り返すことが多い(一部は中洲川端止まりの列車が1番のりばに到着してそのまま折り返し貝塚行きになる列車もある)。

詳細はwikipedia

福岡市営地下鉄空港線 中洲川端駅の写真

loading

福岡市営地下鉄空港線 中洲川端駅の口コミ

続きはこちら