JR山陰本線(益田~門司) 門司駅

この駅使ってます(438人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR山陰本線(益田~門司) 門司駅のGoogleストリートビュー


名称 門司駅
路線 JR山陰本線(益田~門司)
住所 福岡県北九州市 門司区中町2
乗り換え

JR山陰本線(益田~門司) 門司駅の紹介

門司駅(もじえき)は、福岡県北九州市門司区中町にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。 関門トンネル開通により、山陽本線の終点駅となった。このため九州の鉄道の玄関口となっている。なお、営業キロ上は駅の南側にある北九州貨物ターミナル駅と同一地点にある。 山陽本線が直流電化であるのに対し、鹿児島本線は交流電化で、本駅構内下関方にデッドセクションが存在する(貨物列車用のために門司駅構内にも設置されている)。そのため、かつてのブルートレインを初めとする客車列車は、門司駅において九州内を走行する交流電気機関車(ED72形、ED73-1000形、ED74形、ED75-300形、ED76形)と、関門トンネル専用の交直流電気機関車(EF30形、EF81形)と付替えが行われていた。九州地区には軸重の大きなEF81形が入線できない脆弱な区間が多い事も、機関車を交換する理由である。 かつては貨物列車も、当駅で機関車の付け替えが行われていたが、現在は北九州貨物ターミナル駅で機関車の付け替えが行われている。

詳細はwikipedia

JR山陰本線(益田~門司) 門司駅の写真

loading

JR山陰本線(益田~門司) 門司駅の口コミ

続きはこちら