名鉄名古屋本線 加納駅

この駅使ってます(460人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

名鉄名古屋本線 加納駅のGoogleストリートビュー


名称 加納駅
路線 名鉄名古屋本線
住所 岐阜県岐阜市加納新柳町10

名鉄名古屋本線 加納駅の紹介

加納駅(かのうえき)は、岐阜県岐阜市竜田町九丁目にある、名古屋鉄道(名鉄)名古屋本線の駅である。 普通列車のみが停車する。隣の茶所駅との駅間距離は0.4kmで、名鉄では最短である。 駅構造 島式ホーム1面2線を持つ地上駅。ホーム長は6両分あり、駅舎とホームは茶所方にある構内踏切で連絡している。2005年12月14日からトランパス対応となるとともに、駅集中管理システム(管理は名鉄岐阜駅)が導入された。 かつては小規模な駅舎があり駅員も配置されていたが、解体されて無人駅となった。その後、トランパス導入に伴い新たな駅舎が建設されている。 当駅 - 旧広江駅跡付近の線形は概ね直線状であるが、当駅を挟んだ茶所駅付近から名鉄岐阜駅間の大局的な線形は、急曲線を含むS字状となっている。 名鉄岐阜駅から岐南駅までの連続立体交差事業が事業化されている。この事業では高架化と同時に当駅と茶所駅の間にある急カーブを解消する為に線形を変更するとともに、当駅と茶所駅を統合するとしている。

詳細はwikipedia

名鉄名古屋本線 加納駅の写真

loading

名鉄名古屋本線 加納駅の口コミ

続きはこちら