JR中央本線(名古屋~塩尻) 坂下駅

この駅使ってます(929人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR中央本線(名古屋~塩尻) 坂下駅のGoogleストリートビュー


名称 坂下駅
路線 JR中央本線(名古屋~塩尻)
住所 岐阜県中津川市

JR中央本線(名古屋~塩尻) 坂下駅の紹介

坂下駅(さかしたえき)は、岐阜県中津川市坂下にある、東海旅客鉄道(JR東海)中央本線の駅である。 名古屋駅側から見ると中央本線の岐阜県最後の駅で、日本国有鉄道時代は当駅が名古屋鉄道管理局と長野鉄道管理局の境界駅であった。その名残か、当駅発着の電車も数本設定されている。かつては名古屋への直通列車も設定されていたが、現在は早朝(平日のみ)に1本の当駅発名古屋行きの快速が設定されているのみである。 1908年(明治41年)8月1日 - 官設鉄道が中津川駅から延伸した際の終着駅として開業。一般駅。 1909年(明治42年) 7月15日 - 官設鉄道が三留野駅(現:南木曽駅)まで延伸。途中駅となる。 10月12日 - 線路名称制定。中央西線の所属となる。 1911年(明治44年)5月1日 - 線路名称改定。当駅を含む中央西線が中央本線に編入される。 1926年(大正15年)12月12日 - 坂川鉄道の新坂下駅が付近に開業。 1944年(昭和19年)12月1日 - 坂川鉄道新坂下駅廃止。 1970年(昭和45年)10月19日 - 貨物の取扱いを廃止。

詳細はwikipedia

JR中央本線(名古屋~塩尻) 坂下駅の写真

loading

JR中央本線(名古屋~塩尻) 坂下駅の口コミ

続きはこちら