東武伊勢崎線 太田駅

この駅使ってます(720人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

東武伊勢崎線 太田駅のGoogleストリートビュー


名称 太田駅
路線 東武伊勢崎線
住所 群馬県太田市東本町16
乗り換え

東武伊勢崎線 太田駅の紹介

太田駅(おおたえき)は、群馬県太田市東本町にある東武鉄道の駅である。駅番号はTI 18。 歴史・概要 1909年(明治42年)2月17日に東武伊勢崎線が足利町駅(現・足利市駅)から当駅まで延伸したのに伴い、開業したのが始まりである。 開業当日は駅前広場で三横綱を招請して大相撲が行われるなど記念行事が行われ、盛況となった。 1910年(明治43年)3月27日には東武伊勢崎線が当駅から新伊勢崎駅まで開通し、中間駅となった。 人車軌道を運営していた藪塚石材軌道が太田軽便鉄道に改称して建設を進めていた路線を1913年(大正2年)3月5日に東武鉄道が買収し、同年3月19日に桐生線として当駅から相老駅間が開通した。 1927年(昭和2年)10月1日に東武伊勢崎線の館林駅 - 伊勢崎駅間、1928年(昭和3年)3月1日には桐生線の当駅 - 相老駅間と当駅周辺の路線が相次いで電化された。 近隣の大光院の一角にあった東武鉄道所有の博物館で中島知久平が設立した飛行機研究所が中島飛行機として急速に拡大して太田が工業都市として発展したため、1941年(昭和16年)4月に総工費16万円を掛けた2階建て延べ建坪585坪の新駅舎が竣工し、当時東武線随一とも言われた新駅舎の2階には貴賓室、大衆食堂が配置された。

詳細はwikipedia

東武伊勢崎線 太田駅の写真

loading

東武伊勢崎線 太田駅の口コミ

続きはこちら