JR札沼線 中小屋駅

この駅使ってます(357人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR札沼線 中小屋駅のGoogleストリートビュー


名称 中小屋駅
路線 JR札沼線
住所 北海道石狩郡 当別町中小屋2851

JR札沼線 中小屋駅の紹介

中小屋駅(なかごやえき)は、北海道石狩郡当別町字中小屋にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅。電報略号はナヤ。当別町最北端の駅。 1935年(昭和10年)10月3日:国有鉄道札沼線石狩当別駅 - 浦臼駅間の開通に伴い、同線の駅として開業。一般駅。 1944年(昭和19年)7月21日:第二次世界大戦の激化に伴い、札沼線の石狩当別駅 - 石狩月形駅間が不要不急線に指定されたため、当駅も営業休止となる。 1946年(昭和21年)12月10日:札沼線 石狩当別駅 - 浦臼駅間の営業再開に伴い、営業再開。 1949年(昭和24年)6月1日:日本国有鉄道法施行に伴い、日本国有鉄道(国鉄)に継承。 1972年(昭和47年)4月15日:貨物取扱い廃止。 1979年(昭和54年)2月1日:荷物取扱い廃止。同時に簡易委託駅となり、無人化。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道(JR北海道)に継承。 1991年(平成3年)3月16日:札沼線に「学園都市線」の愛称を設定。

詳細はwikipedia

JR札沼線 中小屋駅の写真

loading

JR札沼線 中小屋駅の口コミ

続きはこちら