JR札沼線 知来乙駅

この駅使ってます(388人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR札沼線 知来乙駅のGoogleストリートビュー


名称 知来乙駅
路線 JR札沼線
住所 北海道樺戸郡 月形町

JR札沼線 知来乙駅の紹介

知来乙駅(ちらいおつえき)は、北海道樺戸郡月形町字知来乙にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅名の由来は、アイヌ語の「チライ・オッ」(イトウがたくさんいるところ)から。 1958年(昭和33年)7月1日:日本国有鉄道(国鉄)札沼線の駅として開業。旅客のみ取扱い。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道(JR北海道)に継承。 1991年(平成3年)3月16日:札沼線に「学園都市線」の愛称を設定。 1996年(平成8年)3月16日:札沼線(学園都市線)のうち、当駅を含む石狩当別駅 - 新十津川駅間でワンマン運転開始。 2000年(平成12年):札沼線(学園都市線)のうち、当駅を含む桑園駅 - 石狩月形駅間に自動進路制御装置 (PRC) を導入。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅。無人駅であり、木造の待合室が設置されている。 駅周辺 農村地帯。民家が数軒あるのみ。 北海道道11号月形厚田線 国道275号 月形町立知来乙小学校 新篠津村営バス「知来乙入口」停留所 隣の駅 北海道旅客鉄道(JR北海道) ■札沼線(学園都市線) 月ヶ岡駅 - 知来乙駅 - 石狩月形駅 脚注 関連項目 日本の鉄道駅一覧 知来駅 - 同じ語源から命名された湧網線の駅(1987年の同線廃線により廃駅)。

詳細はwikipedia

JR札沼線 知来乙駅の写真

loading

JR札沼線 知来乙駅の口コミ

続きはこちら