関東鉄道常総線 水海道駅

この駅使ってます(310人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

関東鉄道常総線 水海道駅のGoogleストリートビュー


名称 水海道駅
路線 関東鉄道常総線
住所 茨城県常総市水海道宝町2861

関東鉄道常総線 水海道駅の紹介

水海道駅(みつかいどうえき)は、茨城県常総市水海道宝町2861番地2にある関東鉄道常総線の駅。 1913年(大正2年)11月1日 - 常総鉄道開業と同時に設置。 1945年(昭和20年)3月30日 - 筑波鉄道(初代)との合併により、常総筑波鉄道の駅となる。 1965年(昭和40年)6月1日 - 鹿島参宮鉄道との合併により、関東鉄道の駅となる。 1973年(昭和48年) - 駅舎新築。 1984年(昭和59年)11月15日 - 新守谷駅から当駅までが複線化され、取手駅からの複線化が完成。 1992年(平成4年) - 水海道機関区廃止、小絹 - 水海道間に新設された水海道車両基地へ移転。 2009年(平成21年)3月14日 - ICカードPASMO供用開始。 2015年(平成27年)9月10日 - 台風18号から変わった温帯低気圧による鬼怒川の越水決壊で路盤・駅ロータリー浸水。 駅構造 単式・島式複合の2面3線のホームを持つ地上駅である。跨線橋はなく、下館方に構内踏切がある。旧常総鉄道の本社が創立以来53年間置かれていた。

詳細はwikipedia

関東鉄道常総線 水海道駅の写真

loading

関東鉄道常総線 水海道駅の口コミ

続きはこちら