関東鉄道常総線 石下駅

この駅使ってます(335人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

関東鉄道常総線 石下駅のGoogleストリートビュー


名称 石下駅
路線 関東鉄道常総線
住所 茨城県常総市新石下376

関東鉄道常総線 石下駅の紹介

石下駅(いしげえき)は、茨城県常総市新石下にある関東鉄道(関鉄)常総線の駅である。 1913年(大正2年)11月1日 - 常総鉄道開業と同時に設置。 1945年(昭和20年)3月30日 - 筑波鉄道(初代)との合併により、常総筑波鉄道の駅となる。 1965年(昭和40年)6月1日 - 鹿島参宮鉄道との合併により、関東鉄道の駅となる。 2009年(平成21年)3月14日 - ICカードPASMO供用開始。 2010年(平成22年)9月1日 - 一部時間帯(10時から16時)が駅員無配置となる。 2013年(平成25年)5月16日 - 駅員配置時間帯が縮小となり、7時から11時のみ駅員配置となる。 2015年(平成27年)9月10日 - 大雨の影響で鬼怒川が決壊し、水没。 駅構造 相対式ホーム2面2線の地上駅で、交換施設が設けられており列車交換が行われる。下館寄りに構内踏切がある。取手方面のホームは島式の形状になっているが、外側は現在使用されていない。なお、未使用部分に待避線を設け、快速列車の追い越しを可能にする計画がある。

詳細はwikipedia

関東鉄道常総線 石下駅の写真

loading

関東鉄道常総線 石下駅の口コミ

続きはこちら