JR常磐線(取手~いわき) 荒川沖駅

この駅使ってます(747人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR常磐線(取手~いわき) 荒川沖駅のGoogleストリートビュー


名称 荒川沖駅
路線 JR常磐線(取手~いわき)
住所 茨城県土浦市荒川沖東二丁目1

JR常磐線(取手~いわき) 荒川沖駅の紹介

荒川沖駅(あらかわおきえき)は、茨城県土浦市荒川沖東二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)常磐線の駅である。 年表 1896年(明治29年)12月25日 - 日本鉄道の駅として開業、旅客・貨物営業を開始。 1906年(明治39年)11月1日 - 日本鉄道が国有化され、官設鉄道の所属となる。 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定により常磐線の所属となる。 1949年(昭和24年)6月1日 - 日本国有鉄道が発足。 1978年(昭和53年) 2月15日 - 橋上駅舎落成。 11月1日 - 荷物の取り扱いを廃止。 1986年(昭和61年)11月1日 - 車扱貨物の取り扱い範囲を専用線発着のみに限定。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本・JR貨物の駅となる。 2006年(平成18年)3月18日 - 貨物列車の設定を廃止。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。ホームに接する上下本線のほか、その間に中線があり、貨物列車の待避などに使われる。

詳細はwikipedia

JR常磐線(取手~いわき) 荒川沖駅の写真

loading

JR常磐線(取手~いわき) 荒川沖駅の口コミ

続きはこちら