JR田沢湖線 雫石駅

この駅使ってます(358人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR田沢湖線 雫石駅のGoogleストリートビュー


名称 雫石駅
路線 JR田沢湖線
住所 岩手県岩手郡 雫石町寺の下230

JR田沢湖線 雫石駅の紹介

雫石駅(しずくいしえき)は、岩手県岩手郡雫石町寺の下にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。 当駅は田沢湖線上を走るミニ新幹線である秋田新幹線の停車駅となっている。日本の新幹線の停車駅では定期列車で4往復と最も停車本数が少なく、新幹線の始発列車が8時33分と最も遅い。また盛岡からの田沢湖線普通列車は大半は当駅折り返しとなり、2013年現在、県境を越える普通列車は4往復である(うち下り1本と上り2本が赤渕・田沢湖止まり。)。なお、当駅 - 盛岡駅間は新幹線と普通列車の所要時間の差はほとんどない。あっても5分程度と僅差である。 1921年(大正10年)6月25日 - 国有鉄道橋場軽便線の終着駅として開業。 1922年(大正11年)7月15日 - 当駅 - 橋場間延伸開業。中間駅となる。 この年、軽便鉄道法の廃止により同線は橋場線に改称。橋場線雫石駅となる。 1944年(昭和19年)10月1日 - 不要不急線指定区間の当駅 - 橋場間が休止。再び終着駅となる。 1964年(昭和39年)9月10日 - 当駅 - 赤渕間が延伸開業し、中間駅に戻る。

詳細はwikipedia

JR田沢湖線 雫石駅の写真

loading

JR田沢湖線 雫石駅の口コミ

続きはこちら