JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 似内駅

この駅使ってます(175人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 似内駅のGoogleストリートビュー


名称 似内駅
路線 JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線)
住所 岩手県花巻市上似内57

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 似内駅の紹介

似内駅(にたないえき)は、岩手県花巻市上似内にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)釜石線の駅である。花巻市の郊外にある。 花巻市と釜石市を鉄道連絡することを目指して建設された岩手軽便鉄道により、その最初の開業区間の一部として1913年(大正2年)10月25日に開業した。当初は762mm特殊狭軌の軽便鉄道であった。1936年(昭和11年)8月1日に国有化され国鉄の駅となり、その後は国鉄標準の1,067mm軌間への改軌工事が進められた。これに際して、花巻 - 似内間は別ルートに切り替えられ、間に存在していた鳥谷ヶ崎駅が廃止となった。 1943年(昭和18年)9月20日から1,067mm軌間での運行が開始されている。近年は国道4号バイパスや釜石自動車道花巻空港インターチェンジの整備、花巻空港ターミナルの移転はあるもののアクセスは考慮されていない。また、バスやタクシーの待機はない。 年表 1913年(大正3年)10月25日 - 岩手軽便鉄道の駅として開業。 1936年(昭和11年)8月1日 - 岩手軽便鉄道の国有化により国鉄釜石線の駅となる。

詳細はwikipedia

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 似内駅の写真

loading

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 似内駅の口コミ

続きはこちら