JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 新花巻駅

この駅使ってます(217人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 新花巻駅のGoogleストリートビュー


名称 新花巻駅
路線 JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線)
住所 岩手県花巻市胡四王一丁目3

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 新花巻駅の紹介

新花巻駅(しんはなまきえき)は、岩手県花巻市矢沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。 東北新幹線と在来線の釜石線との交差地点に設けられており、両線の接続駅となっている。 東北新幹線の開通時点では新花巻駅は未設置であったが、東北新幹線の建設計画が持ち上がった時から地元では駅設置の住民運動を実施し、都市計画を行って土地買収を進め、日本国有鉄道(国鉄)総裁に対して請願を行っていた。1982年(昭和57年)6月および7月の国鉄役員会において、同時期に請願を行っていた水沢江刺駅とともに、新駅設置に関する基本要件が決定され、これを受けて1983年(昭和58年)1月5日に盛岡鉄道管理局長から具体的な設置条件が示された。その条件は、当面建設する相対式ホーム2面2線の駅の工事費約55億円を地元負担とすること、用地を無償譲渡すること、将来的に待避線を備えた2面4線への拡張を想定して用地を確保し、4線化の工事の際には用地の無償譲渡に応じること、そして駅前広場と関連道路を地元で整備することであった。

詳細はwikipedia

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 新花巻駅の写真

loading

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 新花巻駅の口コミ

続きはこちら