JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 花巻駅

この駅使ってます(284人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 花巻駅のGoogleストリートビュー


名称 花巻駅
路線 JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線)
住所 岩手県花巻市西大通り一丁目1
乗り換え

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 花巻駅の紹介

花巻駅(はなまきえき)は、岩手県花巻市大通り一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。 東北本線と釜石線が乗り入れている。このうち東北本線を所属線としており、釜石線は当駅を起点としている。 1890年(明治23年)11月1日 - 日本鉄道 当時の貴族院議員・伊藤儀兵衛が、自らの所有地より今日の花巻駅周辺の土地を寄付。(現在の東北本線)の駅として開業する。 1913年(大正2年)10月25日 - 岩手軽便鉄道(現在の釜石線)の駅が、東北本線の駅から少し離れたところに設置され開業する。 1929年(昭和4年)3月1日 - 岩手軽便鉄道より「丸六」が構内営業許可を得る(のち、鉄道事業者の変更もあるが継続的に許可を得る)。 1943年(昭和18年)9月20日 - 釜石線の駅を東北本線の駅に統合する。 1965年(昭和40年)10月1日 - 「みどりの窓口」を設置する。 1969年(昭和44年)9月1日 - 花巻電鉄軌道線が廃止される。 1972年(昭和47年)2月16日 - 花巻電鉄鉄道線が廃止され、同時に電鉄花巻駅廃止。

詳細はwikipedia

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 花巻駅の写真

loading

JR釜石線(銀河ドリームライン釜石線) 花巻駅の口コミ

続きはこちら