JR南武線 登戸駅

この駅使ってます(585人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR南武線 登戸駅のGoogleストリートビュー


名称 登戸駅
路線 JR南武線
住所 神奈川県川崎市 多摩区登戸3435
乗り換え

JR南武線 登戸駅の紹介

登戸駅(のぼりとえき)は、神奈川県川崎市多摩区登戸にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・小田急電鉄の駅である。駅番号は小田急電鉄がOH 18。 JR東日本の南武線と、小田急電鉄の小田原線の2路線が乗り入れ、接続駅となっている。 JR東日本 1927年(昭和2年) 3月9日 - 南武鉄道線が川崎駅から開業、終着駅として登戸駅が開業。 11月1日 - 南武鉄道線が大丸停留場まで延伸開業。 1944年(昭和19年)4月1日 - 南武鉄道線が国有化、国有鉄道南武線の駅となる。 1972年(昭和47年)4月1日 - 貨物取り扱いを廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR東日本の駅となる。 2001年(平成13年)11月18日 - ICカードSuica供用開始。 2006年(平成18年)6月17日 - 新設の橋上駅舎へ移行し、小田急線との連絡橋も供用開始となる。 2010年(平成22年)3月13日 - 横須賀線・湘南新宿ライン武蔵小杉駅開業に伴い、当駅経由の通過連絡運輸が廃止される。

詳細はwikipedia

JR南武線 登戸駅の写真

loading

JR南武線 登戸駅の口コミ

続きはこちら