JR南武線 稲田堤駅

この駅使ってます(395人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR南武線 稲田堤駅のGoogleストリートビュー


名称 稲田堤駅
路線 JR南武線
住所 神奈川県川崎市 多摩区菅二丁目2

JR南武線 稲田堤駅の紹介

稲田堤駅(いなだづつみえき)は、神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線の駅である。 南武線における神奈川県内最北の駅であり、横浜支社管内もこの駅までとなる。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、2つのホームは跨線橋で結ばれている。上り(川崎方面)ホームの立川駅方の端に改札口がある。 登戸駅管理の業務委託駅(JR東日本ステーションサービス委託)である。 2012年、川崎市より、2014年着工、2017年完成の予定で、橋上駅化されることが発表された。これにより新たに南口が開設され、当駅から京王稲田堤駅南口に行く際、踏切を渡る必要がなくなる。 のりば 駅構内設備 自動改札機 トイレは通常のトイレ・多機能トイレともに改札内に設置されている。ただし、多機能トイレのみ改札を入ったところに設置されている。 エレベーター 遠隔操作システム(係員不在時のみ作動。インターフォンや乗車証明発行機等) 係員不在時間 初電~06:30 20:45~21:30 この時間帯は、上記の遠隔操作システムが作動する。

詳細はwikipedia

JR南武線 稲田堤駅の写真

loading

JR南武線 稲田堤駅の口コミ

続きはこちら