JR根岸線 洋光台駅

この駅使ってます(232人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR根岸線 洋光台駅のGoogleストリートビュー


名称 洋光台駅
路線 JR根岸線
住所 神奈川県横浜市 磯子区洋光台三丁目14
乗り換え

JR根岸線 洋光台駅の紹介

洋光台駅(ようこうだいえき)は、神奈川県横浜市磯子区洋光台三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)根岸線の駅である。 当駅は1970年(昭和45年)に開業した。当初は横浜方面からの終着駅であったが、3年後に当駅から大船駅までが開通した。 開業以前の駅周辺は「矢部野」という名の小さな農村地区であった。駅の開業と前後して大々的に開発が行われ、同駅開業の3ヵ月後に入居が開始され、現在では横浜や東京への通勤者が生活する住宅密集地の中の駅となった。 開業前の仮称は地名から矢部野駅とされていた。当駅開業後、周辺の地名も洋光台に改称され、現在矢部野という名前は、根岸線の中では当駅港南台寄りの矢部野トンネルにその名を残すのみとなっている。また、根岸線の上に架かる洋光台通りの陸橋も「矢部野橋」という。なお、洋光台という地名は東京湾から昇る朝日に因んでいるといわれる。 開業からしばらくは現在の1面2線の内、1番線のみの単線(2番線側スペースのみの未施工)だった時期がある。現在では、閉そく区間内の停留所となり、終着駅だった面影はほとんど見受けられない。

詳細はwikipedia

JR根岸線 洋光台駅の写真

loading

JR根岸線 洋光台駅の口コミ

続きはこちら