JR横浜線 相模原駅

この駅使ってます(556人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR横浜線 相模原駅のGoogleストリートビュー


名称 相模原駅
路線 JR横浜線
住所 神奈川県相模原市相模原一丁目1

JR横浜線 相模原駅の紹介

相模原駅(さがみはらえき)は、神奈川県相模原市中央区相模原一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜線の駅である。 相模原軍都計画による都市計画区域の中心駅として設置され、1941年(昭和16年)4月5日に当駅が開設した後、間もなく(同年4月29日)合併によって発足した高座郡相模原町(現相模原市)の玄関口として「相模原駅」を称した。当時すでに小田原急行鉄道(現小田急電鉄)小田原線に「相模原駅」が開設されていたが、当駅の開設により「小田急相模原駅」と改称した。ただし、当駅周辺に市街地が実際に形成されるのは1960年代後半以降のことである。 開業以来、駅出口は市街地のある南側にのみ設置され、北側は上り線ホーム際からすぐに在日米軍相模総合補給廠(旧相模陸軍造兵廠)の敷地となっていた。1990年代にその一部の利用が可能となって北口広場が整備され、1998年(平成10年)の橋上駅舎化の際に北口出口が設置された。 1941年(昭和16年)4月5日 - 国有鉄道の駅として開業。

詳細はwikipedia

JR横浜線 相模原駅の写真

loading

JR横浜線 相模原駅の口コミ

続きはこちら