JR相模線 上溝駅

この駅使ってます(383人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR相模線 上溝駅のGoogleストリートビュー


名称 上溝駅
路線 JR相模線
住所 神奈川県相模原市上溝七丁目19

JR相模線 上溝駅の紹介

上溝駅(かみみぞえき)は、神奈川県相模原市中央区上溝七丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)相模線の駅である。 開業当初から1944年(昭和19年)までは現在の番田駅が上溝駅と称していた。 1927年(昭和2年)6月 - 相武電気鉄道の駅の建設が始まるが、資金に行き詰まり、工事は中断、1936年(昭和11年)には同社が破産した。 ほぼ同時期に相模鉄道の建設工事も行われ、両社間の調整により地平面上を通る相武電気鉄道をオーバークロスする形で相模鉄道が通過するものとされた。そのために相武電気鉄道の建設が挫折した後も、築堤上に相模鉄道の駅が設けられることとなった。 1931年(昭和6年)4月29日 - 厚木 - 橋本間の開通時に、相模鉄道の相模横山駅(さがみよこやまえき)として開業。 1935年(昭和10年)11月7日届出 - 本上溝駅(ほんかみみぞえき)に改称。 1944年(昭和19年)6月1日 - 国有化、国鉄相模線の駅となる。同時に上溝駅に改称。 1962年(昭和37年)10月10日 - 貨物取扱が廃止。

詳細はwikipedia

JR相模線 上溝駅の写真

loading

JR相模線 上溝駅の口コミ

続きはこちら