JR相模線 南橋本駅

この駅使ってます(316人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR相模線 南橋本駅のGoogleストリートビュー


名称 南橋本駅
路線 JR相模線
住所 神奈川県相模原市南橋本二丁目4

JR相模線 南橋本駅の紹介

南橋本駅(みなみはしもとえき)は、神奈川県相模原市中央区南橋本二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)相模線の駅である。 1932年(昭和7年)11月1日 - 相模鉄道の大河原停留場(おおかわらていりゅうじょう)として開業。 1940年(昭和15年) - 相模町停留場(さがみまち停留場)に改称。 1941年(昭和16年)4月1日届出 - 駅に昇格、相模町駅(さがみまちえき)となる。 1944年(昭和19年)6月1日 - 国有化、国有鉄道相模線の駅となる。同時に南橋本駅に改称。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅となる。 1992年(平成4年)7月6日 - 駅構内の橋本寄りの分岐器上で貨物列車牽引のディーゼル機関車と貨車数両が脱線。 1996年(平成8年)3月13日 - 貨物列車発着の最終日。 三菱セメントの包装所や施設への専用線があり、セメント貨物輸送を行っていた。 1997年(平成9年)7月1日 - JR貨物の駅が廃止され、貨物の取扱いを終了。

詳細はwikipedia

JR相模線 南橋本駅の写真

loading

JR相模線 南橋本駅の口コミ

続きはこちら