熊本電鉄本線 堀川駅

この駅使ってます(314人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

熊本電鉄本線 堀川駅のGoogleストリートビュー


名称 堀川駅
路線 熊本電鉄本線
住所 熊本県熊本市八景水谷一丁目24

熊本電鉄本線 堀川駅の紹介

堀川駅(ほりかわえき)は、かつて愛知県名古屋市中区にあった名古屋鉄道瀬戸線の起点であった駅である。名古屋城外堀の南西隅部、景雲橋公園の北側にあった。 廃止時の構造 駅は相対式ホーム2面2線で、南側ホームと一体化した木造駅舎が最後まで使用されていたが、北側ホームは末期には使用されなくなって線路もはずされ、1面1線となっていた。 瀬戸線は、もともと瀬戸の陶磁器など貨物輸送をひとつの大きな目的として建設されたため、堀川の船による水運を活用し、瀬戸方面からの出荷や名古屋市街への荷揚げが可能となる、堀川に接するこの位置がターミナル駅とされた。 当駅は、1911年(明治44年)10月1日開業した。ただし、土居下駅からの路線延伸は、同年9月であったため、当駅開業までは、御園橋たもとに御園駅を設置し、ターミナル駅としていたとの説もある。 太平洋戦争後、水運の衰退に伴い、駅は急速に寂れた。また、市電と並行している区間でもあったため、旅客輸送も伸びなかった。末期には特急などが大津町駅で折り返していたため、40分間隔でしか電車は来なかった。

詳細はwikipedia

熊本電鉄本線 堀川駅の写真

loading

熊本電鉄本線 堀川駅の口コミ

続きはこちら