京都市営地下鉄烏丸線 烏丸御池駅

この駅使ってます(421人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

京都市営地下鉄烏丸線 烏丸御池駅のGoogleストリートビュー


名称 烏丸御池駅
路線 京都市営地下鉄烏丸線
住所 京都府京都市 中京区梅屋町358
乗り換え

京都市営地下鉄烏丸線 烏丸御池駅の紹介

烏丸御池駅(からすまおいけえき)は、京都府京都市中京区にある、京都市営地下鉄の駅。地下鉄の烏丸線と東西線が十文字に交わる結節点に位置する駅で、両路線の乗換駅である。 東西線開業前は、単なる通過駅でありビジネス街としての発展度も低かった。東西線開業後は、京都市内唯一の地下鉄の交差する交通至便の場所として駅周辺が発展し始めている。 2008年(平成20年)には地下鉄の赤字解消策のひとつとして駅構内における商業利用の本格的な展開を開始し、金融機関のATMや、烏丸線と東西線の連絡通路に飲料水の自動販売機および休憩所をそれぞれ設置した。 1981年(昭和56年)5月29日 - 烏丸線の北大路 - 京都間の開通とともに御池駅として開業する。 1997年(平成9年) 5月22日 - 東西線の開業に先立ち烏丸御池駅に改称する。 10月12日 - 東西線の醍醐 - 二条間が開業し、乗換駅となる。 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPaの供用を開始する。 2008年(平成20年) 1月16日 - 東西線にて、京阪京津線の列車が当駅へ乗り入れを開始する。

詳細はwikipedia

京都市営地下鉄烏丸線 烏丸御池駅の写真

loading

京都市営地下鉄烏丸線 烏丸御池駅の口コミ

続きはこちら