近鉄山田線 櫛田駅

この駅使ってます(361人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

近鉄山田線 櫛田駅のGoogleストリートビュー


名称 櫛田駅
路線 近鉄山田線
住所 三重県松阪市豊原町1135

近鉄山田線 櫛田駅の紹介

櫛田駅(くしだえき)は、三重県松阪市豊原町にある、近畿日本鉄道(近鉄)山田線の駅である。 1930年(昭和5年)3月27日 - 参宮急行電鉄松阪 - 外宮前(現在の宮町駅)間開通時に開業。 1941年(昭和16年)3月15日 - 大阪電気軌道が参宮急行電鉄を合併、関西急行鉄道が発足。線路名称の改定により山田線所属駅となる。 1944年(昭和19年)6月1日 - 関西急行鉄道が南海鉄道(現在の南海電気鉄道の前身)と合併、近畿日本鉄道の駅となる。 1992年(平成3年)3月12日 - 待避線新設。地下駅舎化。 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始(簡易改札機による対応)。 駅構造 複線の通過線の両側に、相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。改札・コンコースは地下、ホームは地上にある。出入口は南北双方にある。また、4番ホーム裏手に保線基地がある。 なお、正式にはアナウンスされていないが、券売機にスルッとKANSAI対応カード及びJスルーカードを挿入することにより切符を購入することができる。

詳細はwikipedia

近鉄山田線 櫛田駅の写真

loading

近鉄山田線 櫛田駅の口コミ

続きはこちら