JR名松線 上ノ庄駅

この駅使ってます(329人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR名松線 上ノ庄駅のGoogleストリートビュー


名称 上ノ庄駅
路線 JR名松線
住所 三重県松阪市上ノ庄町1342

JR名松線 上ノ庄駅の紹介

上ノ庄駅(かみのしょうえき)は、三重県松阪市上ノ庄町にある、東海旅客鉄道(JR東海)名松線の駅である。 1960年(昭和35年)8月1日 - 国鉄の駅として開業。旅客営業のみ。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東海へ移管。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅。線路の北側にホームが配置されている。 松阪駅管理の無人駅で、ホームに待合所があるのみである。開業当初は枕木を組んでプラットホームとし、待合所も無くベンチが取り付けてあるだけの簡素なつくりであった。 利用状況 「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。 駅周辺 当駅周辺は合併によって松阪市となるまで、旧・一志郡三雲町の飛地であった。 永善寺 - 本尊は木造阿弥陀如来坐像で、国の重要文化財となっている。 和田金牧場 - 松阪牛の肥育と肉の販売を行う有限会社和田金(わだきん)の大規模な牛舎がある。 近鉄山田線・松ヶ崎駅 伊勢自動車道・松阪IC - 1990年12月6日に開通・供用開始された。

詳細はwikipedia

JR名松線 上ノ庄駅の写真

loading

JR名松線 上ノ庄駅の口コミ

続きはこちら