JR紀勢本線 多気駅

この駅使ってます(466人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR紀勢本線 多気駅のGoogleストリートビュー


名称 多気駅
路線 JR紀勢本線
住所 三重県多気郡 多気町
乗り換え

JR紀勢本線 多気駅の紹介

多気駅(たきえき)は、三重県多気郡多気町多気にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。 乗り入れ路線 当駅の所属線である紀勢本線から、参宮線が分岐する。交通の要衝として、特急「南紀」を含む全ての列車が停車する。線路名称上は参宮線の起点駅であるが、紀勢本線松阪方面からの特急以外の列車については当駅から参宮線に直通するものが多く、運転系統上では紀勢本線新宮方面への普通列車の多くが当駅始発となっている。 分岐駅においては、本線の方がまっすぐ伸びており、支線の方が大きく曲がる形で分岐するのが通常であるが、当駅は例外で、本線である紀勢本線のほうが大きく曲がっており、支線である参宮線のほうがまっすぐになっている(JR東海では岐阜駅や大府駅なども同様)。これは、亀山駅から参宮線の鳥羽方面が初めにあって、紀勢線の相可方面が後から建設されたという歴史的経緯による。 1893年(明治26年)12月31日 - 参宮鉄道 津駅 - 宮川駅間の開通時に相可駅(初代)として開業。

詳細はwikipedia

JR紀勢本線 多気駅の写真

loading

JR紀勢本線 多気駅の口コミ

続きはこちら