JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 利府駅

この駅使ってます(918人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 利府駅のGoogleストリートビュー


名称 利府駅
路線 JR東北本線(黒磯~利府・盛岡)
住所 宮城県宮城郡 利府町森郷26

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 利府駅の紹介

利府駅(りふえき)は、宮城県宮城郡利府町森郷字柱田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線(利府支線)の駅である。 1894年(明治27年)1月4日:日本鉄道の駅として開業。当初は本線の中間駅。 1906年(明治39年)11月1日:国有化。 1944年(昭和19年)11月15日:陸前山王駅経由の「海線」開業。当駅経由の路線は「山線」と呼ばれるようになる。 1962年(昭和37年)7月1日:山線の当駅 - (旧)松島駅間廃止(松島駅 - 品井沼駅間は3ヶ月前に廃止)、支線の終着駅となる。 1978年(昭和53年)10月2日:岩切駅 - 当駅間が交流電化。 1986年(昭和61年)11月 : 駅舎改築。 1987年(昭和62年) 2月10日 : 駅舎と一体化して建設していた町のコミュニティセンターが開設。 4月1日:国鉄分割民営化により、JR東日本の駅となる。 2002年(平成14年):サッカーW杯による輸送力増強のため、2番ホーム再設置。 2003年(平成15年) 5月29日:自動改札導入。

詳細はwikipedia

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 利府駅の写真

loading

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 利府駅の口コミ

続きはこちら