JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 塩釜駅

この駅使ってます(556人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 塩釜駅のGoogleストリートビュー


名称 塩釜駅
路線 JR東北本線(黒磯~利府・盛岡)
住所 宮城県塩竃市東玉川町5

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 塩釜駅の紹介

塩釜駅(しおがまえき)は、宮城県塩竈市東玉川町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。当駅 - 松島駅間は東北本線全体で最も長い区間である。 松島駅 - 高城町駅間の支線を経由する仙石東北ラインの列車は、当駅を列車運行上の分岐駅としている。 漢字表記は、市内にある鹽竈神社とも市名の塩竈市とも異なり、「塩釜」が正式である。 1887年(明治20年)12月15日、日本鉄道(後に国有化され塩竈線)・「塩竈駅」が開業した(位置、跡地は現・イオンタウン塩釜ショッピングセンター)。 1956年(昭和31年)、東北本線の貨物用迂回線(海岸線、海線)が、利府駅回りの旧線(山線、1962年廃止)に代わって東北本線のメインルートとなることになり、同線沿いに当駅が開設。このとき、塩竈線の「塩竈駅」は塩釜港駅に改称され旅客扱いを廃止、当駅が「塩釜駅」の名称を引き継いだ(参照)。開業当時、当駅は市民から「新駅」と呼ばれ、塩竈市中心部から山を越えた先にある当駅周辺には田畑が広がっていた。

詳細はwikipedia

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 塩釜駅の写真

loading

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 塩釜駅の口コミ

続きはこちら