JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 松島駅

この駅使ってます(510人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 松島駅のGoogleストリートビュー


名称 松島駅
路線 JR東北本線(黒磯~利府・盛岡)
住所 宮城県宮城郡 松島町松島15

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 松島駅の紹介

松島駅(まつしまえき)は、宮城県宮城郡松島町松島字小梨屋にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。塩釜駅 - 当駅間の駅間距離は東北本線全体でも最も長い。 この記事では、岩切駅 - 品井沼駅間の旧線に存在していた、初代の松島駅についても記述する。 東北本線を建設した私鉄であった日本鉄道が、1890年(明治23年)4月16日にこの区間を開業した際には、岩切駅 - 小牛田駅間は山沿いのルート(現在の利府駅経由、利府駅は1894年開業)で開業し、この区間に初代の松島駅が置かれていた(地図)。その後、1913年(大正2年)3月20日に利府駅 - 当駅間に赤沼信号所、1918年(大正7年)8月16日に当駅 - 鹿島台駅間に幡谷信号所が設置され、これらは1922年(大正11年)4月1日に名称改正で信号所から信号場とされた。そして幡谷信号場は1932年(昭和7年)12月26日に駅に昇格し、品井沼駅となった。 利府駅・初代当駅を経由する東北本線は、最大16.7パーミルの勾配を抱える区間であった。

詳細はwikipedia

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 松島駅の写真

loading

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 松島駅の口コミ

続きはこちら