JR中央本線(名古屋~塩尻) 南木曽駅

この駅使ってます(1521人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR中央本線(名古屋~塩尻) 南木曽駅のGoogleストリートビュー


名称 南木曽駅
路線 JR中央本線(名古屋~塩尻)
住所 長野県木曽郡 南木曽町

JR中央本線(名古屋~塩尻) 南木曽駅の紹介

南木曽駅(なぎそえき)は、長野県木曽郡南木曽町読書(よみかき)にある、東海旅客鉄道(JR東海)中央本線の駅である。 特急「(ワイドビュー)しなの」の一部が停車する。 中央本線名古屋口の東端で、快速列車の上りは早朝に当駅始発の名古屋行きが2本(土休日は1本)運行されているが、下りは全ての列車が手前の中津川駅止まりとなるため、名古屋から当駅に乗り入れる列車は少ない。また、朝夕を中心に当駅と中津川駅を結ぶ列車もある。当駅より塩尻方面の普通列車の本数が減る(約2時間に1本の間隔)。 駅舎内に観光案内所を併設する。 1909年(明治42年) 7月15日 - 三留野駅(みどのえき)として、官設鉄道 三留野 - 坂下間延伸時に開業。一般駅。 9月1日 - 官設鉄道が野尻駅まで延伸、途中駅となる。 10月12日 - 線路名称制定。中央西線の所属となる。 1911年(明治44年)5月1日 - 線路名称改定。当駅を含む中央西線が中央本線に編入される。 1968年(昭和43年)10月1日 - 南木曽駅に改称。 1972年(昭和47年)11月30日 - 貨物の取扱いを廃止。

詳細はwikipedia

JR中央本線(名古屋~塩尻) 南木曽駅の写真

loading

JR中央本線(名古屋~塩尻) 南木曽駅の口コミ

続きはこちら