JR中央本線(名古屋~塩尻) 田立駅

この駅使ってます(710人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR中央本線(名古屋~塩尻) 田立駅のGoogleストリートビュー


名称 田立駅
路線 JR中央本線(名古屋~塩尻)
住所 長野県木曽郡 南木曽町

JR中央本線(名古屋~塩尻) 田立駅の紹介

田立駅(ただちえき)は、長野県木曽郡南木曽町田立にある、東海旅客鉄道(JR東海)中央本線の駅。 長野県最西端の駅である。 1929年(昭和4年)12月3日 - 国有鉄道中央本線の三留野(現・南木曽) - 坂下間に田立信号場として開設。 1948年(昭和23年)9月1日 - 駅に昇格、田立駅として開業。旅客・荷物営業のみ。 1973年(昭和48年)5月25日 - 複線化により、旧位置よりも1.5km坂下駅寄りの現在地に移転。同時に荷物の取扱いを廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、東海旅客鉄道の駅となる。 駅構造 相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。北側のホームに出入口があり、南側のホームとは跨線橋で繋がっている。ホーム上に待合所があり、駅舎(待合室)や便所がホームから階段を登った駅前広場に面して独立して建っている。駅は無人だが、駅前の商店で乗車券を発売する簡易委託駅である。中津川駅管理。 のりば 利用状況 「長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

詳細はwikipedia

JR中央本線(名古屋~塩尻) 田立駅の写真

loading

JR中央本線(名古屋~塩尻) 田立駅の口コミ

続きはこちら