JR中央本線(東京~塩尻) 川岸駅

この駅使ってます(901人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR中央本線(東京~塩尻) 川岸駅のGoogleストリートビュー


名称 川岸駅
路線 JR中央本線(東京~塩尻)
住所 長野県岡谷市川岸西一丁目16

JR中央本線(東京~塩尻) 川岸駅の紹介

川岸駅(かわぎしえき)は、長野県岡谷市川岸東三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線の駅である。 みどり湖経由の短絡線ができてからは、列車の大半が東海旅客鉄道(JR東海)が管轄する飯田線からの乗り入れ列車である。 2012年3月現在、当駅を停車する44本のうち、JR東日本の車両で運行される列車は4本のみ(辰野折り返しおよび塩尻方面への直通)である。 1923年(大正12年)10月28日 - 鉄道省中央本線の新駅として開業。旅客及び貨物の取扱を開始。 1949年(昭和24年)6月1日 - 日本国有鉄道に移管。 1963年(昭和38年)2月21日 - 貨物の取扱を廃止。 1984年(昭和59年)3月21日 - 簡易委託化と同時に無人化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道の駅となる。 2005年(平成17年)10月3日 - 簡易型自動券売機を設置。 2014年(平成26年)4月1日 - 東京近郊区間に編入された。ただし、Suicaは利用できない。 駅構造 島式ホーム1面2線を有する地上駅。

詳細はwikipedia

JR中央本線(東京~塩尻) 川岸駅の写真

loading

JR中央本線(東京~塩尻) 川岸駅の口コミ

続きはこちら