JR小海線(八ヶ岳高原線) 佐久海ノ口駅

この駅使ってます(431人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR小海線(八ヶ岳高原線) 佐久海ノ口駅のGoogleストリートビュー


名称 佐久海ノ口駅
路線 JR小海線(八ヶ岳高原線)
住所 長野県南佐久郡 南牧村

JR小海線(八ヶ岳高原線) 佐久海ノ口駅の紹介

佐久海ノ口駅(さくうみのくちえき)は、長野県南佐久郡南牧村大字海ノ口にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)小海線の駅。 駅の標高は1,064mで、JRの駅の中で6番目に高い。開業から7ヶ月間は国鉄最高所にある駅だったが、1933年(昭和8年)7月27日に小海南線の名前で小淵沢駅・清里駅間が開通して、その地位を清里駅に譲った。 1932年(昭和7年)12月27日 - 国鉄小海線 小海 - 当駅の開通と同時に開業。旅客・貨物の取扱を開始。 1978年(昭和53年)9月22日 - 貨物の取扱を廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道の駅となる。 2012年(平成24年)12月2日 - 新駅舎の落成式を開催。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは構内踏切で連絡している。無人駅である。駅舎は地元信州産のカラマツを使用した木造の伝統的和風建築で、2012年(平成24年)12月2日に落成式が行われている。

詳細はwikipedia

JR小海線(八ヶ岳高原線) 佐久海ノ口駅の写真

loading

JR小海線(八ヶ岳高原線) 佐久海ノ口駅の口コミ

続きはこちら