JR飯田線(豊橋~天竜峡) 伊那小沢駅

この駅使ってます(622人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR飯田線(豊橋~天竜峡) 伊那小沢駅のGoogleストリートビュー


名称 伊那小沢駅
路線 JR飯田線(豊橋~天竜峡)
住所 長野県下伊那郡 天龍村

JR飯田線(豊橋~天竜峡) 伊那小沢駅の紹介

伊那小沢駅(いなこざわえき)は、長野県下伊那郡天龍村平岡にある、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線の駅である。 1936年(昭和11年)12月30日 - 三信鉄道の小和田 - 満島(現・平岡)間延伸時に開業。一般駅。 1943年(昭和18年)8月1日 - 三信鉄道が飯田線の一部として国有化され、国鉄の駅となる。 1971年(昭和46年)12月1日 - 貨物・荷物の取扱を廃止(旅客駅となる)。 1984年(昭和59年)2月24日 - 飯田線南部CTC化に伴い無人化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、東海旅客鉄道の駅となる。 2000年(平成12年)2月12日 - 新待合室完成。 駅構造 相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。飯田駅管理の無人駅である。ホーム間の移動用に、ホームの中井侍駅側に構内踏切がある。かつて、ダム資材等の貨物輸送で賑わったことや急行「伊那」が最大7両編成だったこともあり、ホーム有効長が長い。 のりば 利用状況 「長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

詳細はwikipedia

JR飯田線(豊橋~天竜峡) 伊那小沢駅の写真

loading

JR飯田線(豊橋~天竜峡) 伊那小沢駅の口コミ

続きはこちら