松浦鉄道西九州線(伊万里~佐世保) たびら平戸口駅

この駅使ってます(389人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

松浦鉄道西九州線(伊万里~佐世保) たびら平戸口駅のGoogleストリートビュー


名称 たびら平戸口駅
路線 松浦鉄道西九州線(伊万里~佐世保)
住所 長崎県平戸市田平町山内免420

松浦鉄道西九州線(伊万里~佐世保) たびら平戸口駅の紹介

たびら平戸口駅(たびらひらどぐちえき)は、長崎県平戸市田平町山内免にある松浦鉄道西九州線の駅である。 九州最西端および普通鉄道における日本最西端の駅であり、「本土」を北海道・本州・四国・九州の四島とした場合には本土最西端の駅。沖縄都市モノレール線が2003年(平成15年)に開業して同線の那覇空港駅(東経127度39分8秒)がその地位につくまでは、戦後長らく名実ともに日本最西端の駅だった。 ただ松浦鉄道及び地元の平戸市では、現在でもたびら平戸口駅を「(普通鉄軌道方式で、全国の各駅とレールでつながっているものでは)日本最西端の駅」であるとしており、同駅到着前の車内放送でもそのように案内されている。駅前には地元平戸市出身の作曲家藤浦洸の揮毫による「日本最西端の駅」の碑がそのまま存置されているほか、2015年(平成27年)には松浦鉄道が当駅の愛称として「日本最西端の駅」を公式に採用するなど、「最西端」の称号は現在も沿線地域の活性化のために積極的に活用されている。

詳細はwikipedia

松浦鉄道西九州線(伊万里~佐世保) たびら平戸口駅の写真

loading

松浦鉄道西九州線(伊万里~佐世保) たびら平戸口駅の口コミ

続きはこちら