JR上越線 宮内駅

この駅使ってます(464人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR上越線 宮内駅のGoogleストリートビュー


名称 宮内駅
路線 JR上越線
住所 新潟県長岡市宮内三丁目4
乗り換え

JR上越線 宮内駅の紹介

宮内駅(みやうちえき)は、新潟県長岡市宮内三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。 長岡市川東地域南部の中心駅で、駅周辺は旧古志郡宮内町の中心地にあたる。 乗り入れ路線 信越本線を所属線として、当駅を終点とする上越線を加えた2路線が乗り入れる。 定期列車のうち、上越線の全ての普通列車は当駅から信越本線の長岡駅まで乗り入れる。 1898年(明治31年)12月27日 - 北越鉄道の信越本線・北条駅 - 長岡駅間に新設開業。 1907年(明治40年)8月1日 - 北越鉄道が国有化され、帝国鉄道庁(国有鉄道)の駅となる。 1920年(大正9年)11月1日 - 上越北線(現在の上越線)の宮内駅 - 東小千谷駅(現在の小千谷駅)が開通。分岐駅となる。 1947年(昭和22年) - 駅舎改築。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。 1992年(平成4年) - 現駅舎が完成。 2006年(平成18年) - 快速「マリンブルーくじらなみ号」が通過になる。

詳細はwikipedia

JR上越線 宮内駅の写真

loading

JR上越線 宮内駅の口コミ

続きはこちら