JR北陸本線(富山~直江津) 能生駅

この駅使ってます(688人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR北陸本線(富山~直江津) 能生駅のGoogleストリートビュー


名称 能生駅
路線 JR北陸本線(富山~直江津)
住所 新潟県糸魚川市能生2418

JR北陸本線(富山~直江津) 能生駅の紹介

能生駅(のうえき)は、新潟県糸魚川市大字能生字白拍子にある、えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの駅である。 1912年(大正元年)12月16日:信越線の名立駅から糸魚川駅までの延伸に伴い開業する(一般駅)。 1913年(大正2年)4月1日:線路名称が改定され、信越線の直江津駅から糸魚川駅間が北陸本線に編入されるとともに、当駅もその所属となる。 1969年(昭和44年)10月1日:北陸本線の複線電化に伴い現在地に移転。 1975年(昭和50年)3月10日:貨物の取扱を廃止する(旅客駅となる)。 1986年(昭和61年)11月1日:荷物の取扱を廃止する。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道の駅となる。 2015年(平成27年)3月14日 - 北陸新幹線・長野駅 - 金沢駅間延伸開業に伴いえちごトキめき鉄道へ移管。 能生騒動 1961年10月1日のダイヤ改正で大阪駅 - 青森駅・上野駅間に特急「白鳥」が設定された際、当時北陸本線が単線だったため、当駅で上りが運転停車を行い、下りとすれ違うダイヤが組まれていた。

詳細はwikipedia

JR北陸本線(富山~直江津) 能生駅の写真

loading

JR北陸本線(富山~直江津) 能生駅の口コミ

続きはこちら