JR北陸本線(富山~直江津) 青海駅

この駅使ってます(779人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR北陸本線(富山~直江津) 青海駅のGoogleストリートビュー


名称 青海駅
路線 JR北陸本線(富山~直江津)
住所 新潟県糸魚川市青海750

JR北陸本線(富山~直江津) 青海駅の紹介

青海駅(おうみえき)は、新潟県糸魚川市大字青海にある、えちごトキめき鉄道・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。 2005年(平成17年)3月に合併して廃止された旧青海町の中心部にある。 1912年(大正元年)10月15日 - 国鉄北陸本線の泊駅 - 青海駅間延伸により、その終着として開業(一般駅)。 1913年(大正2年)4月1日 - 北陸本線が糸魚川駅まで延伸し、途中駅となる(北陸本線全通)。 1922年(大正11年)2月3日 - 親不知駅との間にある勝山トンネルの西口で雪崩の直撃を受けた列車が脱線し、除雪作業員などの乗員乗客90名が死亡(北陸線列車雪崩直撃事故)。 1965年(昭和40年)9月30日 - 青海駅を含む泊駅- 糸魚川駅間が交流電化。 1966年(昭和41年)10月1日 - 新潟駅始発→青海駅終着の準急列車「ひめかわ」運転開始。ただし、直江津駅から青海駅までは普通列車。 1968年(昭和43年)8月 - 2代目の現駅舎に改築。 1969年(昭和44年)10月1日 - 「ひめかわ」、急行列車として青海駅 - 新潟駅間で運行を開始。

詳細はwikipedia

JR北陸本線(富山~直江津) 青海駅の写真

loading

JR北陸本線(富山~直江津) 青海駅の口コミ

続きはこちら