JR越後線 柏崎駅

この駅使ってます(1055人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR越後線 柏崎駅のGoogleストリートビュー


名称 柏崎駅
路線 JR越後線
住所 新潟県柏崎市駅前一丁目1
乗り換え

JR越後線 柏崎駅の紹介

柏崎駅(かしわざきえき)は、新潟県柏崎市駅前一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。 新潟県中部に位置する柏崎市の代表駅で、中心市街地の南側に位置している。JR東日本とJR貨物が共同で使用し、信越本線を所属線として、当駅を起点とする越後線を加えた2路線が乗り入れている。ただし、JR貨物の第二種鉄道事業の路線は信越本線のみである。また、JR東日本が運行する旅客列車の発着はあるが、JR貨物が運行する貨物列車の発着は1997年(平成9年)以降なくなっている。 1日約2,000人の乗車客があり、普通列車のほか特急「しらゆき」や、快速「らくらくトレイン信越・おはよう信越」が停車する。 駅の開設は1897年(明治30年)である。開設当初は北越鉄道の運営であり、柿崎方面からの終着駅だった。1912年(大正元年)には越後鉄道(のちの越後線)が乗り入れた。北越鉄道・越後鉄道の両社は国有化されたため柏崎駅は国有鉄道の運営となっていたが、1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化によって旅客営業はJR東日本が担当、貨物営業はJR貨物が担当する形態に変わった。

詳細はwikipedia

JR越後線 柏崎駅の写真

loading

JR越後線 柏崎駅の口コミ

続きはこちら