JR日豊本線(門司港~佐伯) 日出駅

この駅使ってます(466人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR日豊本線(門司港~佐伯) 日出駅のGoogleストリートビュー


名称 日出駅
路線 JR日豊本線(門司港~佐伯)
住所 大分県速見郡 日出町川崎831

JR日豊本線(門司港~佐伯) 日出駅の紹介

日出駅(ひじえき)は、大分県速見郡日出町大字川崎にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の駅である。 当駅から大分駅までは複線である。 1911年(明治44年) 3月22日 - 大分線の中山香駅 - 当駅間が開通し、開業。 7月16日 - 大分線の当駅 - 別府駅間が開通。 1984年(昭和59年)頃 - 貨物の取扱を廃止。 1987年(昭和62年) 3月9日 - 当駅 - 豊後豊岡駅間が複線化。 4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が山陽新幹線以外の九州地区の旅客鉄道業務を継承。 この年の3月にホーム南北を貫く地下道が完成する。 1993年(平成5年)3月16日 - 駅舎改築。 2012年(平成24年)12月1日 - ICカードSUGOCAの利用を開始。 2016年(平成28年)4月1日 - 駅業務を日出町へ移管(簡易委託化)。これに伴い、駅員駐在時間は平日7時~13時のみとなる。 駅構造 島式ホーム1面2線の設備を有する地上駅で、以前は築堤下に駅本屋が存在したが、現在は地下道から階段をのぼったホームと同じ高さの場所に木造平屋建ての駅舎が存在する。

詳細はwikipedia

JR日豊本線(門司港~佐伯) 日出駅の写真

loading

JR日豊本線(門司港~佐伯) 日出駅の口コミ

続きはこちら