JR阪和線(天王寺~和歌山) 東貝塚駅

この駅使ってます(740人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR阪和線(天王寺~和歌山) 東貝塚駅のGoogleストリートビュー


名称 東貝塚駅
路線 JR阪和線(天王寺~和歌山)
住所 大阪府貝塚市半田246

JR阪和線(天王寺~和歌山) 東貝塚駅の紹介

東貝塚駅(ひがしかいづかえき)は、大阪府貝塚市半田にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)阪和線の駅である。 1934年(昭和9年)9月24日 - 阪和電気鉄道の阪和岸和田駅(現在の東岸和田駅) - 和泉橋本駅間に阪和貝塚駅として開業。 1940年(昭和15年)12月1日 - 阪和電気鉄道が南海鉄道に吸収合併され、南海山手線の駅となる。同時に東貝塚駅に改称。 1944年(昭和19年)5月1日 - 戦時買収私鉄指定により山手線が国有化され、鉄道省(のちの国鉄)阪和線の駅となる。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。 2003年(平成15年)11月1日 - ICカード「ICOCA」供用開始。 駅構造 待避設備を備えた島式ホーム2面4線を持つ地上駅。駅舎は下り線東側日根野寄りにあり、各ホームへは地下道で結ばれている。 日中以外の時間帯で一部の普通が当駅で快速列車・特急列車の通過待ちを行う。 和泉府中駅が管理している直営駅で、ICカード乗車券「ICOCA」が利用することができる(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

詳細はwikipedia

JR阪和線(天王寺~和歌山) 東貝塚駅の写真

loading

JR阪和線(天王寺~和歌山) 東貝塚駅の口コミ

続きはこちら