JR山陰本線(米子~益田) 松江駅

この駅使ってます(290人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR山陰本線(米子~益田) 松江駅のGoogleストリートビュー


名称 松江駅
路線 JR山陰本線(米子~益田)
住所 島根県松江市朝日町460

JR山陰本線(米子~益田) 松江駅の紹介

松江駅(まつええき)は、島根県松江市朝日町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅。 島根県の県庁所在地である松江市の中心駅で、特急や寝台列車を含めたすべての旅客列車が停車する。 1908年(明治41年)11月8日 - 官設鉄道が安来駅から延伸し、その終着として開業。客貨取扱を開始。 1909年(明治42年) 10月12日 - 線路名称制定により山陰本線所属となる。 11月7日 - 山陰本線が当駅から宍道駅まで路線延伸、途中駅となる。 1953年(昭和28年) - 駅舎を鉄筋コンクリートに改築する(民衆駅第13号)。 1973年(昭和48年)4月1日 - 駅高架化工事着工に伴い貨物取扱業務を東松江駅に移管する。 1977年(昭和52年)3月10日 - 高架駅となる。 1978年(昭和53年) - シャミネ松江が開業する。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。 駅構造 2面4線の島式ホームを持ち、待避・行き違いが可能な高架駅。

詳細はwikipedia

JR山陰本線(米子~益田) 松江駅の写真

loading

JR山陰本線(米子~益田) 松江駅の口コミ

続きはこちら